夏期(7月1日~8月31日)の海浜利用について

先週末から県境をまたぐ移動も自由に行えるようになり行動の自粛はほぼ緩和されました。夏本番を前に嬉しい事ですね。ですが、皆様もニュース等でご存知の事と思いますが、今年は感染症対策として海水浴場と海の家の開設が行われない事となりました。これにより例年の時間、場所と言う海水浴場規制が無くなり、県、市から出された利用要請に自主的に従い、各自安全面は自衛する形となります。悪い言葉で言うと年内で人が1番集まる時期の海が無法地帯となる事です。

そこで、出された海浜利用要請を簡単に抜粋してお知らせ致します。

・ルールの適用期間7月1日~8月31日

・遊泳エリアとマリンスポーツエリア

西浜は例年と異なり今年に限り江ノ島水族館イルカショウ前から片瀬漁港(末場)迄が海水浴場エリア、地引網から西側鵠沼引地川河口迄がマリンスポーツエリアとなります。

・時間 終日

マリンスポーツエリアでのサーフィンが終日可能となる代わりに遊泳エリアでのマリンスポーツは朝夕、時間にかかわらず終日禁止となります。

東浜は例年通りのエリア分けとなります。

詳しい夏季ルールは湘南藤沢支部HP (nsa-shonan-fujisawa.org)に掲載されてますので、各自時間のある時に必ずご確認下さい。また今年は特別な初めての事なので、まだまだ問題が多く日々市議会議員を通じて県と市と協議中です。まだ変更が有ると思います。海に入る前にスタッフにご確認下さい。

全てで新しい生活様式が取り入れられ、新ルールとマナーが求められています。サーフィンをする上でも例外ではありません。必ずルールとマナーを守って楽しみましょう。